牛乳の栄養と機能(2)

eiyou_title02

  QOL(Quality of Life : クオリティ・オフ・ライフ)は『生活の質』のこと。世界一の長寿国となったいま、生活習慣病をはじめとする病気を未然に防ぎ、イキイキした毎日を過ごすための生活の指標です。 牛乳がもっている働き(生体調節機能)は、体の中でさまざまに作用してQOLを高めます。

病原体から体をガードする。

  牛乳の、ラクトフェリンと呼ばれるたんぱく質や乳糖の中の成分には、病気の感染を防ぎ、人体に入った細菌が増えるのを抑え、体の免疫力を高める効果があることが知られています。 また、体が疲れることは免疫力の低下につながりますので、牛乳を飲み、睡眠を十分に摂ることで体力の回復を図りましよう。

骨密度をアップして骨を丈夫にする。

  骨は、10~20歳位まで急激に成長し、骨量は最大に達するといわれています。 しかし、カルシウムの貯蔵庫という役割をもつ骨も、皮膚などと同じように、毎日少しずつ生まれ変わっているので、カルシウムが不足すると再生がうまく行われません。 カルシウム吸収率の高い牛乳を飲み、カルシウム吸収を助ける適度な運動で骨量を増やし、骨を丈夫にしましょう。

血流をよくしてコレステロール値を上昇させない。

  牛乳の中のたんぱく質は、血清コレステロールの吸収を抑えたり、合成するのを阻害する働きがあることが最近の研究で分かっています。 細胞膜の材料となるコレステロールは、健康を維持するためにはとても重要な栄養素てす。 しかし多く摂り過ぎても、少な過ぎてもいけないため、コレステロール量を適正範囲内に保つことが健康を維持する上で大切になります。

血圧を降下させ、血管を丈夫にする。

  カルシウムには、塩分の摂り過ぎによる血圧の上昇を抑える働きがあります。 食塩を構成するナトリウムの摂り過ぎが起こす血圧の上昇を抑えるには、吸収の良い牛乳のカルシウムは理想的といえます。 また、牛乳のたんぱく質には、血管を、弾力性豊かにし、しなやかにする効果もあります。 血管を丈夫にするという点でも、牛乳は効果的な食品といえます。

不眠やイライラを解消する。

  牛乳のたんぱく質に含まれる、トリプトファンという物質には、弱い催眠作用があります。 また、たんぱく質が分解されると、鎮静作用がある物質もできます。 特に寝る前の一杯の牛乳と軽い運動が、イライラした精神状態を落ち着かせるだけてなく、心地よい眠りに導いてくれます。

肥満を防ぎましょう。

  肥満は生活習慣病の元凶です。肥満は体内で脂肪の燃焼がスムーズに行われないため、脂肪が細胞内に蓄積し、それが積み重なったことの結果です。 牛乳には、体脂肪率を下げる作用があり、運動を併せると効果的に体脂肪を減少させます。